コー​​ル: 84-963137576 (Japanese)

第2工場

第2工場
第2工場
第2工場
第2工場
第2工場
第2工場
第2工場
第2工場
第2工場
第2工場
第2工場
第2工場
第2工場
第2工場
第2工場
第2工場
第2工場
第2工場
第2工場
第2工場
第2工場
第2工場
第2工場
第2工場
第2工場
第2工場
第2工場
第2工場
第2工場
第2工場
第2工場
第2工場

第2工場

第2工場は、ハイズン省―ナムサック県-アンドン工業団地において工事期間約1年間及び試用の2ヶ月後、2008/7月に運営された。
第2工場の建設は、ベトナム及び東南アジアで一番大きな会社になることを目標とし、アンファット会社の2007-2012発展・拡張計画の最初ステップである。2007/5月 アンドン工業団地において月生産可能数量が1500トン/月で建設された。地方の労働者500名を雇用している。台湾、韓国、日本、シンガポール及び中国より輸入する画期的な機械が導入されている。将来第2工場の総生産数量の80%は、輸出する予定である。
取締役会長 ファム・アイン・ズオンより「第2工場の役割は、アンファット会社だけではなくベトナムの生産及び樹脂リサイクル分野に対する新たな発展ステップです。機械ラインを導入すると共に、ベトナム及び国際的な市場において大きな成功を成し遂げる「生分解性袋」を始め、新たな製品を研究し、生産する努力をします。」と述べた。
現在、生分解性袋は、緊急なニーズになり、国際社会における環境保護責任をはじめ、いろいろな原因を解決する目的とする。指導者は、個人の責任を理解し、生産開発から「生産―リサイクル」という方針を発展戦略として営業をスタートする。袋が使われた後、リサイクルされ、人間の生活に戻り、役立つような戦略である。資源が段々減少している状況で、「生産ーリサイクル」により資源が節約できる。
第2工場の拡張は指導者及び従業員の協力が実った証拠である。輸出活動が促進され、注文数量が大変増加した。第2工場が生産開始前に有名なお客様の注文は、全部で第1工場と第2工場の6ヶ月の生産数量相当であった。
現在、現代的なラインや設備・機械が稼動した。第2工場の製品は、イギリス、アメリカ、スペインへ輸出され、顧客より高い評価・信頼を頂いた。
会長ズン氏は、アンファット会社をベトナムだけではなく東南アジアにおいて一番大きな会社に発展させることを目標とし、「一番良い品質と注文の数量に応え、営業の信頼度を高くするよう全力で努力しております。現代的な技術やテクノロジーの適用により、アンファット会社のお客様に品質及び価格を保証する事を約束します。」と発表した。
現在、日本人の専門家と協力して、「アンファット会社の生分解性袋」と登録商標名とされる生分解性袋を研究してる。
特に、指導者及び従業員の努力により、2008/3月において国家より「ベトナム 典型的な企業」、「ベトナム商標」の勲章を受賞した。